稼働マネジメントソフトウェア

DWINDEX2

効率的な加工計画の策定やリモート管理が可能に

DWINDEX2はCAD/CAMによる生産をサポートする強力なダッシュボードです。
リモートのコンピュータからアクセスし、マシンの稼働状況やミリングバー、材料の使用状況を把握します。
稼働時間と非稼働時間を評価することでより具体的なCAD/CAM運用の改善計画にも役立ちます。
さらにリモート機能ではジョブの遠隔監視や、トラブル発生時に不具合のあるジョブをリモートのコンピュータからスキップすることも可能です。

DWINDEX2 は現行のDWXシリーズに対応しています*。

*対応機種:DWX-52DC/DCi、DWX-52D、DWX-42W (DWX-4には非対応)

DWINDEX2の特長

Vecter_s_analysis_20210222

ダッシュボード機能

稼働中のDWXミリングマシンの状況をリアルタイムで管理可能です。

Vecter_s_analysis_dwx_20210301

リモート機能

ジョブの遠隔監視や、トラブル時にリモートからの不具合ジョブのスキップが可能です。

DWINDEX2のセットアップを始める

下のボタンからID登録とセットアップ手順の説明ページに移動します。

dwindex2
  • FAQ
ご導入の前に

DWX-52DCi、DWX-52DC、DWX-52D、DWX-42Wに対応しています。

  • MillBox 2019 ver以上
  • hyperDENT DGSHAPE ver 8.2.3以上
  • 非対応のCAMソフトでもDWINDEX2をご使用いただけますが、一部データが自動で反映されない箇所があります。(下図グレーの斜線の部分:歯数と材料データ)ただし、VPanelにて材料設定を行うことで、材料データを見る事ができます。

他に準備していただなくても使用できますが、
DWINDEX2の機能であるエラー時録画を使用したい方はカメラ、カメラホルダー、ケーブルが必要になります。

640 × 480~ 1280 × 720ピクセルの表示が可能なものが対応しています。

例:logicool C922 PROなど。

DWINDEX2をインストールすることで、これまでに蓄積されたデータが自動でDWINDEX2に移行しますので、データが消える心配はありません。

仕様について
  • Uptime

Even if you have multiple DWX-52D/DWX-52DC/DWX-52DCi/DWX-42W, you can analyze the uptime and uptime of all milling machines.

Get tips on how to get your milling machine up and running efficiently to increase productivity during business hours.

By using the following CAM software, it is possible to display the processing results even by the number of teeth.

・MillBox 2019 ver or higher
・hyperDENT DGSHAPE ver 8.2.3 or higher

* You can use DWINDEX2 even with non-compatible CAM software, but there are places where some data is not automatically reflected. By setting the material in VPanel, it is possible to see the material data.

  • Usage of materials and milling bars

It is possible to analyze the usage by type of material and milling bur used, processing time, and usage by aircraft. Useful for inventory management of materials and milling burs.

  • Job data

Understanding the life of milling burs and materials can help you accurately understand cost and productivity per machining and manage consumable inventory.

By managing and analyzing error logs, it helps to extract operational improvements and skill-up points for staff.

When was the last time you performed spindle maintenance?

Recording and visualizing maintenance history helps keep the machine in an optimal condition at all times.

  • エラー原因の特定
    • カメラをセットアップしている場合は、エラーが発生したときに40秒のビデオクリップにアクセスできるリンクが記載された電子メールが届きます。外出先でもエラー状況を確認できます。
    • また、VPanelがインストールされているコンピューターが切削機に接続されている場合、失敗したすべての切削ステップが記録され、エラーの原因を特定するのに役立ちます。
  • 電子メール通知
    • VPanelで設定することにより、「加工終了」「エラー発生」「メンテナンス終了」のメール通知を受け取ることができます。
    • 「エラー発生」通知は、エラーが発生する30秒前+エラーが発生してから10秒後に記録する40秒のビデオクリップにアクセスできるリンクを提供します。また、材料の入れ忘れなど、加工中のトラブル以外で発生する可能性のある作業忘れの通知も含まれています。
  • 遠隔加工継続指示が可能
    • 長時間の加工中には、加工中のツールの損傷、予期しないデータエラートラブルなどが発生することもあります。
    • 次に加工するデータや材料が準備できたら、問題のある加工をリモート操作でスキップして加工を続行できます。

オペレーティングシステム(OS): Windows 8.1, 10(64ビット版)
CPU:インテルCore i シリーズ 以上を推奨
メモリ: 4 GB 以上を推奨
ビデオカードおよびディスプレイ:1,280 × 1,024 ピクセル以上の表示が可能なもの
作業に必要なハードディスク空き容量:インストール:100 MB 以上
その他: インターネットに接続できる環境

現在は対応していません。Windows OSのタブレットでは表示可能です。

その機体での切削歯数を示しています。

作業操作はできません。ただしメール設定をVpanelで行っている方は、エラー発生時にDWINDEX2からジョブスキップ操作ができます。

日、英、韓国語、中国語(簡体字)

日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字)に変更することが可能です。お使いのパソコンのオペレーティングシステム(OS)の表示言語設定から変更ください。

C:\Users\Public\Documents\DGSHAPE Corporation\DWINDEX\DWX-@@@@@\$$$$$$\Error_Video

”@@@@@”はモデル名、”$$$$$”は製造番号になります。

 

C:\Users\Public\Documents\DGSHAPE Corporation\DWINDEX\DWX-@@@@@\$$$$$\Error_Video

“@@@@@” is the model name and “$$$$$” is the serial number.

 

トラブルシューティング
  • Make sure you’re signed in with VPanel.
  • Click the Update button on DWINDEX2.

ご購入いただいた製品のマニュアルの中の、VPanelの項目に設定方法の記載があります。

下記のリンク先からアカウント削除依頼フォームの入力をお願いします。

アカウント削除フォーム

活用事例

If you have a camera installed, you can watch a video clip of the error occurring remotely (30 seconds before the error occurred + 10 seconds after the error total 40 seconds). Besides, videos from the start of milling to the occurrence of errors are saved on the PC to which DWX is connected, so you can check the occurrence status.

 

Below are the voices from users.

“It is easy to understand by being displayed by day, week, and month how long it is milling”

“All registered milling machine can be monitored”

“The number of teeth in the week and working hours can be confirmed”

“It is utilized when sharing working hours in meetings with other departments”

“The percentage of materials used is summarized for each shade, and it is used as a reference for the number of material orders”

” It is easy to understand where the problem is because the contents are written when an error occurs”

“You can see at a glance what kind of errors are common”

 

 

Below are the voices from users.

“I’m using the email notification function, it’s very good.
I was notified by e-mail that I forgot to put the disc when I went out”

“It is convenient to understand the operation status even if I leave the workplace at night”

“It is good to be able to grasp errors such as error recording and use it”

“In case of trouble, even if you can not respond by yourself, it is good to be able to check the trouble occurrence situation”