Case_Studies_JP

Case_Study_A_Ceramics_Limited_JP

A Ceramicsは、ブリッジ、クラウン、インプラント製造事業においてデジタル歯科の未来を積極的に先取りしてきました。それによって精度や品質、安定性を得ている同社の将来について、経営者のAlan Bamford氏が語ります。

Case_Study_Zirconart_JP

Rafael Jaén氏はZirconartの経営者です。同社はトータルなインプラントリハビリテーションを専門に扱う歯科補綴とインプラントを対象とした、CAD/CAM技術のパイオニアです。

Case_Study_millDENT_JP

ドイツを拠点とするmillDENTの専門は、ジルコニア製の歯科補綴物の製作です。設立者であるAkin Öztürk氏はその製作工程で、ローランド ディー.ジー.の「DWX-50」を使用しています。

Case_Study_SKdent_JP

ドイツ・ロスハウゼンでSKdental歯科技工所を経営するSeve Keutner氏は、DWX-50ミリングマシンはアタリだったと振り返ります。「このマシンについては称賛しかありません。可能性は無限大で、品質も最高です。何より、導入費用が他の機器と比較しても圧倒的に安価です。」