Truline Dental社、DWX-50の導入で一躍有名人気ラボに

Terry Whitty氏は30年以上しか業界に携わりながら、国際的な機関紙等に積極的に寄稿する等オーストラリア国内でも屈指の経験を持つ歯科技工士であり、Truline Dental Laboratoyのオーナーでもあります。

Truline Dental Laboratoryはシドニー東部の郊外に位置し、歯科技工のみならず歯科関連製品の製造や販売も行っています。特に、3Dスキャナ、CAD/CAM加工、3Dプリンティングやレーザー加工等の最先端技術を駆使した高度な技巧に定評があり、歯科矯正、義歯、詰め物等幅広い補綴物を取り扱っています。ほかにも、従来式・CADデザインを問わず義歯の制作について最新のインジェクションシステムを採用し、小児歯科、顎顔面外科、スプリント治療や睡眠時無呼吸症候群治療等幅広い関連分野をサポートしています。

「当ラボにとって、DWXは最高の投資だったと言えます。導入してからというもの、明確に認知度が上がり、仕事が増えました。」

Terry氏にとって、常に最新の技術と接点を持っておくことは重要であり、DWX-50ドライミリングマシンを選択することは自然な帰結だったと言えます。DWX-50によって、他の歯科技工書と差別化を図り、高品質な補綴物とサービスを提供できることで、Truline社は一躍有名ラボの仲間入りを果たすことができました。

Trueline社に関する詳細は、www.trulinedental.com.auをご覧ください(英語サイトが開きます。)